言葉の弾丸

うつ病を患った落ち着きのない魔法使いが言葉の弾丸を放とうと四苦八苦しているブログです。

失業保険給付を申請する方法

前回はメンクリに通っている人でも失業保険の手当を受給できるのか」についてお話ししました。

さて、今回は実際に受給するにあたって、申請に必要なものやその方法をご紹介したいと思います。
これに関しては、メンクリに通っている人であろうがなかろうが皆同じです。


ここ最近はメンヘラとはかけ離れた小難しい話が続きますが、生きていく上で得られるお金は得ておこうということで、どうかお付き合いください。
そして少しでも助けになれたら幸いです。


[AD]



f:id:mayun06:20190809043918j:plain

失業保険給付の申請はハローワーク

申請に必要なものを揃えてご自身の管轄のハローワークに行けば、基本的には問題なく給付申請ができます。


 
ただし、注意して欲しいのが会社を退職したからといって、誰でも失業保険を受け取れる訳ではありません



受給資格を受けるには以下の条件を満たしている必要があります。


*働く意思がある
雇用保険1年以上の加入期間がある*


“働く意思”とは、“再就職の為に積極的に求職活動を行う意思”のことです。

病気やケガですぐに働くことができない場合や、家庭の事情などで一次的に就職できなくなった場合は失業保険を受け取ることができません

ただし、病気などで通院中であってもご自身が「働ける」と判断した場合は受け取ることができます
わたしはメンクリに通院中ですがアルバイトを探す意思があったので問題なく受給できました。


 
また、会社を退職する以前の2年間に雇用保険に加入していた期間が1年以上あることも条件です。

*ただし、解雇やリストラ、病気のための退職の場合は加入期間が6ヶ月以上と短くなります。


病気が理由となる場合は、ハローワークが指定する診断書で、退職時にかかっていた病院の医師に「病気のため働けない状況であった」と証明してもらう必要があります
※もちろん診断書を記入してもらうには診察料と診断書の料金が発生します。

ただ、失業手当で受給できる額に比べれば、診断書の料金など微々たるものなので貰いに行くのがいいでしょう。
ちなみにわたしはハローワークの方に勧められました。



雇用保険の加入期間が1年以上かどうかに関わらず、病気退職だけれども離職票が“自己都合退職”と判定されている場合は、申請の前に一度ハローワークに相談してみたほうが良いです

ハローワークでの判定が“特定理由離職者”となり、その特例で健康保険料の減額などが受けられる可能性があります
わたしは健康保険料の減額も受けられました。)



f:id:mayun06:20190809043726j:plain 

申請時にハローワークに持参するもの

申請を行う際に必要書類がないと手続きが進められないので、以下のものをもれなく準備してからハローワークに向かうようにしてください。



離職票 -1、-2
雇用保険被保険者証
*本人確認書類
普通預金通帳
*印鑑(シャチハタ不可/銀行の認印が良い)
*証明写真(縦3cm×横2.5cm/上半身正面/3ヶ月以内に撮影されたもの)2枚
⇒私服の写真で問題ありません。 




持参するものについて、一部詳しく紹介します。


離職票-1、-2
この2枚は退職後に会社から郵送されてくる書類です。
「-2」の方には月額給与や退職時の理由などが記載されていますので、失業保険の受給金額や給付期間を決める為の重要なものです。
 
派遣就労の方でも必ず発行されるはずですので、2週間以上たっても発行されない場合は会社に確認してみてください。


 
雇用保険被保険者証
これは雇用保険の被保険者であったことを証明するもの”です。
「氏名、生年月日、被保険者番号」などが記載されています。
 
ハローワークによってはこれを不要としている所もあるようですが、念の為に持参しておいた方がいいです。
ちなみに、わたしが申請した時には不要でした。

 

*本人確認書類
運転免許証マイナンバー必須です。
上記がない場合は、他に通知カード、個人番号の記載のある住民票、年金手帳、公的医療保険の被保険者証など、申請者が本人であることを公的に確認できるものを用意する必要があります。
わたしは運転免許証マイナンバーの通知カードを持参しました。
 


普通預金通帳
失業保険の給付金は基本的に銀行振り込みとなります。
本人名義の支店番号や口座番号がわかる普通預金通帳が必要になります。

※インターネットバンキングなどは指定口座として利用できません。大手銀行または地方銀行の口座を用意しておきましょう。

 



f:id:mayun06:20190809044100j:plain

申請後に受け取り、提出する書類について

ハローワークで失業保険の給付申請が完了すると『求職申込書』ハローワークカード』の2点を渡されます。
 


*求職申込書
ハローワークに就職する意思を示す為に、求職申込をすることになります。

そのための書類なのですが、記入内容としては

・希望する職種・職業(パートタイムも選べます)
・希望する勤務地・勤務時間
・職務経歴
・公共職業訓練に関すること

などです。
 
記入した内容はハローワークのデータベースに登録され、今後は求職申込書の内容を元に求職活動を行っていくことになります。

適当に書くと求職活動をする上で支障が出てくる場合がありますので、本当に希望している内容を記入したほうがいいです。
また、わからないところは無理に記入しない方がいいでしょう。


 
ハローワークカード
ご自身の管轄であるハローワーク『職業相談』『仕事検索』などを利用する際に必要となるカードです。
 
ハローワークで求職活動を行う際に、まず受付でカードを提示することになります。
失くさないようにしましょう。

また、ハローワークカードがあれば失業保険の給付期間が過ぎた後でも、ハローワークを継続して利用することができます。
 





以上が申請に必要なフローです。


フルタイムにしろパートタイムにしろ、就職活動を無理なく行っていく為にも、退職後の失業保険給付の申請は必ずしたほうがいいでしょう。


ちなみに、失業手当が受け取れるのは退職日から1年間です。
最短でも90日間は手当を受給できますので、申請される際は損をしないよう考えて申請してください
 


このブログの読者の方の中にはうつ病や障害があるから…」と躊躇われている方も多いと思います。
ただ、受給の条件にあるのはあくまで“働く意思”ですので、月に2〜3回ハローワークに行ける病状であれば申請したほうが良いです。

必要になるものをしっかり把握してスムーズに手続きを済ませてしまいましょう。


次回はいかにして『求職活動』たるものをスムーズに行い、手当てを受給するのかご説明しますね。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへにほんブログ村


[AD]