言葉の弾丸

うつ病を患った落ち着きのない魔法使いが言葉の弾丸を放とうと四苦八苦しているブログです。

生きにくい人間に生まれてしまったという自負

わたし、まゆらが常に感じること、第1位


『この世はなんと行きにくい』



性自認が女に生まれたからには、化粧をしなけりゃ外にも出られない。

短いスカートを履いたなら、パンツが見えたらはしたない。

恋人がいなけりゃ、あざ笑われる。

同棲を始めりゃ、必ず結婚すると思われる。

髪をピンクに染めたら、アルバイトすら就職できない。

ピアスを2つ以上開けたらなら、親が勘当する。

派手デコネイルをしてたら、働けない。

「YouTuberやるわ」なんて日には、陰口の格好の餌食だ。




『この世はなんと生きにくい』



偏見と言われてしまえばそれまでなのですが。



わたしは時々自分の存在意義が分からなくなる


彼君でさえ、わたしを必要としてくれているのか疑いたくなる。

もちろん親姉妹も同じ。



こんなに生きにくくて、こんなにはた迷惑な人間なら消えてしまいたくなる。



自分の必要性が分からない。

わたしはいったい何を生み出せる?



美術品?

科学機器?

生活用品?

食品?

お金?



何も生み出せない。



消費するだけの有機物。



無為で無意味な生き物だ。




きっとわたしは、家族や彼君、世間の”一般的な”人たちには不可解で迷惑な存在だろう。


リスカして、アムカして、ODして、そうしてやっと生きている。


見た目は派手なメイクのピンク色の女なのに。




でもわたしは―…




こういうわたしを認めてほしい。




変わった趣味をしていて、

変わったファッションが好きで、

時間のかかる濃いメイクが好きで、

見たこともないような髪型が好きで、

毛先がピンク色で、

ピアスが7コ開いていて、

タトゥーに憧れていて、

利き腕にカットの後があって、

”一般的な”社会人が出来ない。



そういうわたしを認めてほしい。




「理解してくれ」なんて傲慢は言わない。

ちょっとどこか心の隙間で受け入れてくれるだけでいいんだ。



”一般的な”人間じゃないわたしを受け入れてほしいんだ。



そう強く思う時、感じるのはただひとつ。




『なんて生きにくい人間に生まれ育ってしまったんだ』




だからわたしはいち早くこの人生を終えたい

そして死んだら骨は海に撒いてもらいたい



クラゲになるために。



もう眼球も脳も心臓も要らない。


わたしに意識なんて要らない。



願望なんて、好みなんて、そんなもの必要ない。



ただ美しくて、毒のある、柔らかいクラゲになりたい。



なぜクラゲかって?



ただ好きなだけです。

シンプルにこの世の生き物の中でクラゲが一番好き。

それだけ。


     



美しくて、かつ酷く自衛できるじゃないですか。



わたしもそうだったらな。



人生、違っていたかな。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘラ吐き出しへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへにほんブログ村


[AD]
東京ガールズコレクション公式通販【SHOPLIST.com】